News

2018.10.03

「World Art Tokyo」東京から世界のアートシーンの今を発信33カ国の駐日大使が推薦する代表アーティストの国際展を東京藝術大学大学院生2名が、次世代の感性でキュレーション

893e8f02 f008 42b2 8563 efd0448b2c76

各国駐日大使が推薦する自国のアーティストを、日本から世界へ発信する国際的な展覧会「World Art Tokyo」。

昨年は、スイスアートアワード(2016)を受賞したアーティストをはじめとする8名が参加した初開催9カ国より、参加国が大幅に増加し、アジア、大洋州、中南米、アフリカ、中東、ヨーロッパの各エリアから33カ国が参加します。33名の個性あふれるアーティストたちを束ねるのは、東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻のをキュレーター2名。各国同士の連携を深め、アーティストとキュレーターの国超えた視点から生み出される「World Art Tokyo」は、多種多様な作品が創り出す国境を超えたダイバーシティを体感する空間となるでしょう。


【参加大使館】33カ国
アフガニスタン・イスラム共和国大使館、アルゼンチン共和国大使館、ベナン共和国大使館、ボリビア多民族国大使館、ブラジル大使館、中華人民共和国駐日本国大使館、コロンビア共和国大使館、クロアチア共和国大使館、キューバ共和国大使館、コンゴ民主共和国大使館、フィンランド大使館/フィンランドセンター、フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本-ヴィラ九条山、ホンジュラス共和国大使館、ハンガリー大使館、インドネシア共和国大使館、イスラエル国大使館、イタリア大使館、ジャマイカ大使館、大韓民国大使館、マケドニア共和国大使館、マダガスカル共和国大使館、モルディブ共和国大使館、メキシコ合衆国大使館、オランダ王国大使館、ニュージーランド大使館、パナマ共和国大使館、パラグアイ共和国大使館、セルビア共和国大使館、南アフリカ共和国大使館、スペイン大使館、スイス大使館、チュニジア共和国大使館、ウクライナ大使館